熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

結婚相談事始め①

むつみ会と命名したのは明治生まれの父である。
結婚相談所を始めたのは大正生まれの母である。
誕生したのは桜町バスターミナルの前身である熊本交
通センター誕生と同じ年である。
場所もほど近く、RKK放送局の正門前の貸しビルの一
室。当時は熊本の民放はRKK放送局だけで、著名芸能
人が足繁く出入りしていたものだった。
それかあらぬか、(当時人気全盛だった)前川清の前
座をつとめていた若い女性演歌歌手(母が趣味で作詞
などしていた縁で知り合った)の事務所に知らない間
になっていた。

ある日、前川清本人から突然電話があったので、
まさかあの・・・とびっくりしたが、声も、なまりの
ある独特の喋りも聞き覚えがあったので、咄嗟に話を
合わせた。早速その前座歌手に確認をとると、
勝手に事務所にしといたらしい。
ごめんというから、まあいいやでおさまった、
まだ実にのどかな時代ではあったのだ。
その後も度々電話があったが、前川清と言う歌手の
人柄(誰にも同じ態度で優しい)がすっかり好きにな
ってしまった。

のどかなのはいいが、ビジネス感覚までのどかだった
のには正直ホトホト困った。
そんなバタ臭いものととことん相性が悪かったらしい。
十年間くらいは熊本の結婚相談については、むつみ会
の独壇場だったので、上手に立ち回ればいっぱしの資産
家になったかも、、、。
が、オアシの方はずっとかすみっぱなしだった。その分
会員さんやその家族の人たちを含めたお付き合いは半端
じゃなかった。
カネは天下の回りものと言うが、どうもねえ、人によ
りけりってとこか。
昔は商売と書いて(あきない=飽きない)と読んだが、
今やすっかり死語になってしまった気がする。
          (つづく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP