熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

愛情の結晶

”森羅万象これ如何”と問われて、古今東西の賢人
らは異口同音にこうこたえています。
「なにものにもとらわれないこと」
「与え与えられる,分ち合う」
「すべてのものを愛しなさい」
では、
『愛』とはなにであるのか。
ある詩人は云います、その若かりし日に・・
”百万年、人は孤独であった”と・・・
だから愛する、これは人間の本源にある
万有引力なのだと。

また女装の東大教授である安富歩氏は、
自分自身でないもののフリをしててはいけない。
(自分自身優等生であったのは、
単に母親の虚栄心をみたすためにすぎなかった)
そして「愛」とは何であるかの問いにこう答えます。
”一人の人間が、魂を自分自身の思い通りに成長
 させるために愛情によってそれを支えるもの”
人間の中心には途方もない欲求という名の
エネルギーがある。
その欲求とは愛であり存在の最も偉大なアートである。
スタンダールはそれを愛の結晶作用といいました。
結晶作用というのは、棒を土にさしておくと、いつの間
にか岩塩が白い宝石のような沢山の枝をつくる、
フランスや欧州ならではの自然現象のことです。

結晶作用というのは学問にも芸術にも当てはまります。
学問の知識は結晶化して知恵となります。
岡本太郎のモチベーションといっていい縄文式土器は
ありのままの魂が結晶したものです。
さてあなたにとってこれまで「愛」はなにものだった
でしょう?
そしてこれからあなたにとって「愛」はどんな存在
になっていくのでしょう?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP