熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

奇跡について

「最も多くを持てるものは、失うことを最も怖れる」
そんな”彼ら”の恐怖心はどこから来るのでしょうね?
”彼ら”がよりどころとしているのは、
資本とかモノとかが自分のところを中心点にして、
集まってくることでしょうね。
その極端な求心力の反動として、
人間として本質的なものには遠心力が働きます。
それは心とか思いといったものかなと。
三重苦の偉人であり、奇跡のひとと謳われた
ヘレンケラーさんは言いました。
「世界で最も哀れな人とは、目は見えてもビジョンの
ない人だ」。
そんな世界で最も哀れな人種が、最も多くを持てる
”彼ら”に他ならないし、また残念ながら、そんな人種に
訳が分からないまま引きずられてきた多くの人たちで
もある。
それはとっても悲しく寂しい現実だと思います。
ビジョンとは想像力であり創造力だ。
だから”彼ら”にはビジョンが育たない。
でも行き詰まった世紀末にもっとも必要とされるのは
ビジョンなのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP