熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

大正ロマンにこだわって

その名も新生町、七年前に移転した事務所の町の名。
とても静かな住宅街です。
移転前の住所は新屋敷、子飼橋を渡って、県立劇場に
向かう通り沿い。
新屋敷と比べると、熊本市の東部になりますが、市電
がすぐそばを通っている好立地です。
どうして長い間営業していた事務所を移転したかとい
うと、隣り合わせの二階建てアパートが全焼して、
壁面が焼けただれて使い物にならなくなったから。

さてここは、名称こそ新生町ですが、戦前からある旧い
町らしいです。
当時は空港がすぐそばの健軍にあったので、空襲の標
的になりやすかったらしく、延焼を防ぐために道路幅
が、住宅地としては規格外に広い。
事務所の前の道路なんか特に広くて10メーターはあり
そう。
道路幅の割には交通量は少ないですが、その分速度を
出しすぎる車が多く、事故が結構多いので、お越しの
節はご注意くださいね。

新屋敷と比べると、熊本市の東部になりますが、市電
がすぐそばを通っている好立地です。
市電健軍交番電停から歩いて5分、熊本動植物園からも
散歩がてらで十分余の距離です。
不動産の宣伝張りに言えば、生活環境が良好なわりには
利便性が高い。
家は三角屋根、白い壁の2階建ての瀟洒なつくりです。
駐車スペースも3台分あります。

東側の玄関と別に、事務所専用の木製扉の入り口を北側
に設けました。
木の扉をあけて中に入ると、そこはちょっとした異空間
で、初めての方はオヤっと感じられるかも。
大げさに言えば、九十年前にタイムスリップ?
「大正ロマン」というコンセプトにこだわった内装なの
です。
応接セット、机、キャビネットなど、すべて渋い色調の
木製家具をレイアウト。応接セットの横の柱には、
振り子時計が時を刻んでいます。

なぜ「大正ロマン」こだわったかとといえば、五十年前に
明治生まれの父と一緒にむつみ会結婚相談室を創めた母
(いずれも他界)が大正生まれだったから。
明治の反骨と大正ロマンのコラボは、高度経済成長時代
の売った買ったのバタ臭い金儲け主義とは合わなかった。
そんなスピリットをいつまでも残したい思いから、
ちょっとだけ形の上でもこだわってみました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP