熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

デートの心理学VII ・真剣勝負

ステージ1では、物足りないくらい(好奇心を刺激?)
がいいです。
しかしステージ2では勝負をかけなければいけません。
そこでまずはステージ1でわかった色々なことを総合し
てまとめてみること。
相手の性格とか好みとか・・・できる範囲で頭に入れて
おくこと。
その上で時間もかなり長めに、少し遠出もいいでしょう。
そしてそこで俎上に乗ってくるテーマは、
相手がそこはかとなく抱いているクエスチョンマークに、
ちゃんと答えを出さなければな位ということ。
つまり、果たしてあなたは恋人になりうるのか否か。あな
たは私にふさわしい相手なのか?
それまではムード先行でよかったかもしれませんが、
ここからはリアルな現場に入ってきます。
で、まずしなければならないことは、相手があなたにと
って幾つかの選択肢の一つに過ぎないのではなく、
唯一の選択、特別な存在であること、あなた以外には考え
られないと言う点を強調しなくてはなりません。
その際、言葉だけでなく、それに代わるツールとして、
プレゼントを用意することも考えてみては・・・。
高価なものである必要はありません。それより心のこも
ったもの。
例えば二人だけにわかる記念品(名前入りなんか特にい
い)とか、本とかCD、ぬいぐるみ、ブローチ、ペンダン
ト・・・洒落た包装で、ハイセンスを感じさせるもの。
相手が喜びそうな場所がいいのはもちろんですが、いつ
も行くところじゃなく、特別な、新鮮な驚きがあるよう
な、思い出に残りそうなところがいいでしょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP