熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

サヨナラだけがロマンスと

サヨナラだけがロマンスと、
ドン・ジョバンニならいうだろう。
ロマンスが文句なしに素晴らしいのは、
そのはじまりにしくはない。
出会いの甘美なときめきにくらべたら
男女なんてまるで魂のぬけがら。
だから残念至極にも始まりが甘美なだけ、
サヨナラはあっけなくやってくる。
どちらかがフリ、どちらかがフラれる
私を愛しているなら,
私が他の男と幸せなるのを祝福してよ,
というほうは道理だが、
言われた方は道理じゃない,
嫉妬で逆上し、憎悪のかたまりとなる。
まあ大体の世間のロマンスはそういうふうに
終始する
自らの手で汚してしまう
ロマンスがまわりに溢れている
ああ、ふるえる愛、それは見返りを求めない
破局の数だけのぼくのコレクション
それらは心の壁に一編のうたでもそえよう。
``
Don Giovanni is certain to say
good by is only the romance.
The romance is most brilliant
just at the time of beginning.
When we compare with the beating to come across,
the other days are like the shadows.
So to be regrettable the more sweet coming across,
the more easy good bye coming across.
One give a broken heart and the other take a broken heart.
If do you love me,you wish me good luck,
saying is reasonable but being said is not reasonable.
He gets furious at jealousy ,and have hatred.
The most of romance run throughout like that.
There is full of the romance made dirty by his own.
Oh!my shuddering love,it never ask a favour in return.
The everything losed is my collection of may life.
I wish to attach a sentence of my poem in my soul.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP