熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ふるさと

ぼくの大好きな、映画監督の大林宣彦さんは、
ヒトにあるように「土地」にもしわ(皺)があるという。
しわがない土地とは何か・・・
それはなにか無機質なアスファルトのようなひろがりで
しかない。
杜があり、川があり、段々畑があり、神社がある。
それぞれが語り継がれた物語をひめている。
”私の耳は貝のから 
      海のひびきをなつかしむ”
               ・・・ コクトー
ぼくのふるさとは海辺なので潮ざいが子守唄代わりだった。
ことばも土地の大切なしわだ。
方言でひとたちはなくしてはならないものを共有する。
標準語でひとたちにとってふるさとはのっぺらぼうに
なった。
しわはその土地の年齢、歴史であり、生きた証しであり、
霊魂でもある。
だからひとたちはことあるごとに、切なくもふるさとを
思うのだろう。
「転校生」などの”尾道三部作”を思い出す。
年々歳々、忘れっぽくなるにつれ記憶に還る。
はじめの三年とおわりの三年とは、きっとつながっている。
そのふたつの歳月のあいだには、ひたすら長い空白の
トンネルが横たわっている。
そしてはじめの三年はキラキラとかがやき、
おわりの三年はそれを穏やかなまなざしで
ずっとずっと見守っている。
ひとたちは血と地という二つのChiでゆたかにつながれ
ていることを忘れないように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP