熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

旅立ちの記、その2

明治の気骨、大正ロマンが一緒になったような、
大きな黒光りの古時計のような気風があった。
売った買ったのバタ臭さは肌に合わないし、
ビジネスライクにこだわる戦後風も馴染めない。
半分は昔ながらのてづくりの家族付き合い感覚。
、、
昭和47年初夏、巷は高度成長の余韻の中にあった。
当時としては東洋一のバスターミナルと喧伝された
旧交通センターが華やかにオープンした年でもある。
市営やあちらこちらの民営のバスの車列で賑わいを見
せる界隈からほど近かった。
山崎町の熊本放送局の正面玄関の真向かいにある貸し
ビルの一室で、むつみ会結婚相談室はささやかな一歩を
踏み出した。
、、
あれから50年の月日が流れようとしている。ナント!思
えば半世紀だ。人の一生にはまだまだ遠いが、交通セン
ターより長生きになるとは夢にも思ってもいなかった。
市の婦人会に会報を出していた縁で、適齢期の男女の
情報化は割と楽にできたものだった。
、、
時あたかも団塊の世代がお年頃になる時代で、結婚予備
の男女がひしめいていた。
当時は茶道や華道や料理や着物着付け教室に若い独身男女
が通うのが常識だった。花嫁(に花婿)修行というやつで
ある。むつみ会はそんな”お師匠さん”たちのちょっとした
情報交流のサブにもなっていた。
、、
およそ8坪のつつましい佇まいであった。しかしそこで千を
こえる出逢いが生まれ、巣立ちがあったのは紛れもない事
実である。
数知れない家族の物語が紡がれ、旅人たちのために新しい
歴史が用意され、繰り広げられ、伝承されていったのである。
白紙のままだったかもしれない、それら人生の1ページに鮮
烈な墨痕が滲んだのは何故なのだろう?
、、
それはこの僅か10坪の語るに足りない小さな世界に、
初老の一組の夫婦がささやかな試みを寄せたからに他なら
ない。
不本意だった人生(老境の入り口で人々はそうやって嘆く
のだ)の決算の空白を埋め、足りない勘定を取り戻そうと
足掻いた。
追うほどに遠ざかる自らの背中を求めたのだ。
今はもうはるかなセピア色の時の向こうで。
、、
その初老の夫婦とはいうまでもなく僕の父母である。
母は14年前に亡くなり。父は
僕たち夫婦が夫婦が結婚する前年の大晦日に逝った。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ

▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP