熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

復活愛が見事ゴールイン

受話器の向こうから聞き覚えのある声が飛び込んできました。

「どうもー野田さんお久しぶりです。」
「いいえ、こちらこそ。えーと。」。
「僕ですAです。どうもご無沙汰いたしまして」。

ひょっとしてと思っていたら、やっぱりAさんでした。

「今どうしてらっしゃるんですか?」。
「実は僕たち結婚しまして、今新婚旅行から帰ったばかりなんです。」
「えっ!僕たちって・・・どなたと・・?」
「ハハハ・・Bさんです。彼女もそばにいます。」
「えーBさんと・・?だって・・。」そうなんです。
AさんとBさんはとっくの昔に(およそ2年前)破談になっていたものとばかり思っていたのです。

 

AさんとBさんがお見合いされたのは4年前のことでした。

お二人とも誠実で思いやりのある方で気が合ったのでしょう、2年間お付き合いされて(チョット長かったですけど)ゴール寸前まで来ていました。二人ともニコニコして周りまで楽しくなるほど幸せそうでした。

ところが最後の最後の詰めでご家族から反対の声が上がったのです。
理由は一人っ子同士だったからです。少子化のなかで家族構成が最終的に障碍になることがとても多いのです。
交際期間が長かったのは実はそのことがひっかかっていたからでしょう。

 

二人ともすっかり意気消沈されて

特にAさんは相当重症でした。
ついこの間とは一転した、しょげかえった表情でむつみ会のオフィスに来られました。

「野田さん今度ばかりは心底こたえました。
しばらくは立ち直れないと思います。」
私たちとしても、慰める術がありませんでした。
それから二月ほどして又訪ねて来られました。

長期休暇をとって一人傷心を慰める旅に出かけたとのことでした。
もう大分元気を取り戻されたのかと思い新しい相手を紹介しようとすると、悲しそうに首を振って
「いえまだとてもそんな気分には・・・。」といわれます。

それを聴いた私の口から思いがけない言葉が飛び出しました。
「それじゃあ、もう一度だけBさんにアタックしたらどうですか。ダメ元で。もしそれでも駄目だったら今度こそ本当にあきらめると・・」。余りにも可哀そうだし、それにいかにも惜しい御縁だったのです。

 

それからどうなったのか、すっかり連絡が途絶えていました。

こちらから働き掛けるのも余計なお世話のようだし、そっとしてあげようと思ったのです。
そして突然冒頭の電話があったのです。
話では私の助言の通りに最後のアタックをして、その後二人で2年かけて家族を説得したということでした。

私たちとしてはまさかそんな展開になっていようとは予想だにしていませんでした。
それにしてもなんという素敵なドラマでしょう。
諦めが肝心なこともありますが、断じて諦めていけないという場合もあるのですね。
なにはともあれ奇跡の復活愛にバンザイ三唱です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ

▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP