熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

曼珠沙華・まんじゅしゃげ

曼珠沙華
オリジナル歌詞♫

夏の初めの昼下がり
知らない家のかげひなた
真っ赤に染まった曼珠沙華
日ごとに悲しみは
形をなくしていくけれど
こうしてときおりよみがえる
想いはずしりと重くなる
お母さん僕もじいじと
いわれるようになりました
孫をだっこするその度に
なぜだか心の奥底で
切なさがよぎる
僕がいるのです。
空には高く白い雲
追憶のよに風が吹く
仄かににおう曼珠沙華
在りし日の面影
年々歳々遠のくが
こうしてときおりよみがえる
想いはずっと近くなる
お母さんお父さんとは
仲良くやっておりますか
僕も多分もうすぐですが
またあなたたちの子供です
なぜだかはかない
人生終わります

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP