熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ハナレイ・ベイ、愛とは?

ハナレイ・ベイ、愛とは?

「愛してるかどうかじゃない、好きかどうかと訊いて
るんだ」。
映画”シェナンドー”で、父親は娘に求愛する青年に
そう言った。
「私は妻と結婚したとき、好きだったが、愛してはい
なかった。だが六人の子を産み育てた後、亡くなった
妻を十二年経った今も深く愛している」。

”嫌い”の対語は”好き”で、”愛してる”じゃない。
”愛してる”の対語は、ある詩人は”孤独”だ
なんて言ってた。
愛してるってのは、どういう心持ちをいうのか、分か
らないではないが、ちょっと信用できないというのは
あります、経験上、、、。
ある日突如として、顔を見るのもイヤになったり、憎
しみに豹変したり、大体恋人がシワクチャの、ずん胴
体型になったのを想像しても同じことがいえるのかど
うか、少なくとも僕には自信がありません
だとするとです、、、、
好きなのに愛してはいない、があるように、
嫌いなのに、嫌いだったはずなのに、愛してた、という
のはある、というのがこの作品(ハナレイ・ベイ)のテ
ーマです。
そういう人の心の分かりにくさ、深淵、泥沼、良い加減
さ、いや、その魂消る(たまがる、熊本弁、非常にびっ
くりすること)ような意外性に原作者である村上春樹は
着目したのでしょうか?
人間ってのは自分の内心さえ、よく分からないものです。
そして人間というものは、そんな内心の葛藤の末に再生
したりして、思わぬ地平線を見たりするものです。
サチ(村上春樹の短編、ハナレイ・ベイの主人公)もそう
でした。薬物と暴力の末に死んだ元夫の遺子が、十九歳
で鮫に襲われてなくなった時の心境。
元夫への嫌悪感を息子にも投影していました。そんな母
子の関係ほどお互いを消耗させるものはありません。
サチが亡くなった息子を嫌っていたけど、愛してたこと
に気づくのに十年かかった。これは決してサチだけの問
題じゃないと思われます。
あなたは誰を愛してますか?僕は誰を愛してるんでしょう?
本当のところはそんな問いかけに自信をもって答える人は
いないのかもしれません。
今は亡き父と母が、熊本の結婚相談所むつみ会の窓口を開
いてはや54年になります。その歳月の過程で万を超える男
女性がドアをひらき、ドアの向こうに旅立っていかれました。
その旅の途上でどんな喜怒哀楽のドラマが繰り広げられたか
は知るよしもありません。
むろん中には生まれた可愛い赤ん坊を見せにいらっしゃった
り、結婚生活の悩み事(愚痴とかも)を相談にこられたりも
します。どちらかが早逝されたというケースだってあります。
結婚相談所とはいっても結婚生活は一つの人生ドラマでもあ
りますから、お役に立てるかどうかは別にしてもよろず人生
相談所の顔になることだってあります。
たとえなにごとであれ、きれいごとばかりでは済まないのが
人生模様でありますから仕方のないことです。みなさん、独
り身では満たされない心の充足を求めて結婚されるのですが、
それがハッピーエンドになるかどうかは別の問題になります。
私たちとしてむろんハッピーエンドになることを願っています
が、こればかりは当事者同士の問題であり如何ともし難い面
があります。そんな中で人は人を愛するとは何か、というこ
とを自分なりに学んでいくのだと思います。百人十色といい
ますが、人の愛し方も人それぞれなのだと思います。
結婚した当初と、子どもが生まれ、成長し、孫が生まれて、
過ぎ去った歳月がお互いの顔に隠しきれない老いを刻み始め
た時とではお互いの結びつきのあり方も随分と異なったもの
へ変容していくことでしょう。
それらを同じ言葉で表すことができるかというと、自信がな
い人が多いと思います。
結婚相談所というのはそんな人それぞれの人生のドラマのき
っかけを与えるところに過ぎません。あなたが誰をどのよう
に愛することができるかは、あなた自身の長い人生の大きな
テーマになります。そこに幸せを見出すことができるかどうか
は他人の入り込む余地のないあなたの問題です。
二十一世紀は先行きの見えない時代です。ひょっとすると大海
浮かぶ小舟のような人生が待っているかもしれません。そうい
う時代に断じて忘れてならないのは方向を見失わないことだと
思います。そういう場面で何より頼りになるのは家族の絆で
はないでしょうか?どんなに莫大な資産があったとしても、
そんなものは当てにならない時代がやってくるのかもしれ
ません。
そんな時代を危機の時代という人もいますが、物は考えよう
で、むしろチャンスに溢れた時代と言えるのかもしれません。
皆さんは豊かな時代の中で生まれ育ち、豊かな時代しかご存
じないかもしれませんが、僕たちの世代は貧しいも知って
います。熊本の結婚相談所むつみ会を立ち上げた頃もマイカ
ーやマイホームを持っている人も少なかったし、海外旅行を
できる人なんてよほど恵まれた人たちでした。それからの時
代を生きてきた人たちは豊かさを満喫すると同時に何か人と
して最も大切なものも失ってきたような気がしないでもあり
ません。家族のあり方も随分変わってきました。
そんな一つの時代が終わろうとしている今、私たちは自分に
とってなくてはならないものとは何であるのかを見直す時
代が来ているような気がします。人を愛するとはどういうこ
とであるのかを考える絶好の時代が来ているような気もする
のです。

熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!

熊本で54年、千数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さい!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ


▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

PAGE TOP