熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

「形あるものは壊れる」その2

<その1からの続き>
そんなのはいわば形の問題で、例えて言えば、入り口の玄関の
立て付けが少々悪いとか、照明が暗いとか、交通の便が悪いと
か、隣家に口やかましい頑固爺さんがいるとか、そんなとこ
ろでしょうか。
昔の人たちはその点は割とおおらかで、そんな諸々のことは、
どこか二の次三の次のようなものとして考えているところがあ
りました。それがいつしかだんだんと神経質というか、妥協を
許さない風になってきたような気がします。
結婚できない人が増えてきた原因はそんなところにあるような
気がします。
さてTさんたちの話に戻りますが、Tさんだけで済む話なのに
なぜ彼女も一緒にみえられたのでしょうか?
わけをきいてみますと、
「彼のことをお願いして、故郷に帰りたいと思ったんです。結
果としてこんなことになりましたけど、私たちの思いは一つ
でした。なんとか周りを説得しようと彼は(彼女もですが)
随分頑張ってくれましたが、頭ごなしで話に耳を貸してくれ
ないのでどうしようもありませんでした。でも、彼は野田さ
んたちがおっしゃってた通りに素晴らしい人でした。どうか
くれぐれも彼のことをお願いいたします」
思わず胸にグッときました。
こんなことが以前にも二、三度あったことを思い出しました。
確かその時(今は亡き)母は一緒になって涙にくれました。
「ごめんなさいね。力になってやれなくて。でも周りがどん
なに躍起になってもどうしようもないことってあるのよねえ。
本当にねえ、あるのよねえ」
これはもう運命みたいなものかもしれません。結婚相談所の
仕事を長いことやっていますとそうとしか言えない出来事に
出会います。ダメになるのも定めなら、その逆もあります。
いろんな障害を乗り越えて初志を貫いたカップルもいます。
本人たちの情熱が周りの気持ちをほだしてしまう。
「まあ、あんたたちがそこまで思いあってるのなら、仕方な
いわ。私たちが出しゃばる幕はないわ」
だからと言ってTさんたちに情熱が足りなかったというわけじ
ゃなくて、その情熱が逆に作用してしまうこともあるのです。
結婚問題だけじゃなくて、仕事とか、他の事案でもあること
だと思います。
何が何でもで突っ走るか、それともここは諦めが肝心と見定
めるか、そこのところの見極めはとても難しいと思います。
結婚相談所と一口にいってしまえば、ただカップリングをす
るだけのビジネスということになります。そういう風に割り
切ってしまえば気楽なのでしょうが、性分と言いますか、
人様から見れば余計な世話ということまで考えてしまいます。
人と人との出会いに、ある意味深く関わるのが結婚相談所の
仕事ですから、そういうことを考え始めると、本当に切りが
ないなと思うことも多々あります。
それがいい方向で身を結べば嬉しいのですが、たまに良かれ
と思ってしたことが、結果的に後悔を生むようなことだって
あるのです。
Tさんたちのケースだってそうだったのかもしれないのです。
ご自分たちでお写真を見て、この人がいい、会ってみたいと
いうことであれば、うまくいこうとそうでなかろうと私たち
が関知する余地はないのですが、必ずしもそうとも言えない
場合もあるのです。
お写真だけではどうしてもわからない部分があるので、お人
柄とかについて私たちのコメントを求められることがありま
す。Tさんたちがまさにそのケースに当たりました。私たちの
説明に、いわば触発されるような形で、
「一度会うだけでも会ってお話しをしてみたい」
ということになったのです。そして、、、。
本当に結婚相談所という仕事は難しいのだなと痛感しました。
あるお医者さんがこんなことを言ってらっしゃったのを思い
だします。
「医者は人を助けもするが、殺しもする」
それと同列に考える必要はないかもしれませんが、お医者さ
んは扱うのは人の体で、私たちの結婚相談所の仕事は、どこ
かで人の心に踏み入ってしまうこともあります。
そこのところがとても怖いなと思ってしまいます。
でも、考えてみれば何にでも失敗はつきものですし、失敗を
恐れたり、いちいちあげつらったりしていたら身動きできな
くなります。
ですから幸運の女神が微笑んでくれなくて辛い思いを余儀な
くされたりしたとしても、それを将来の糧にしてもらえれば
なんて自分勝手なことを思ったりもします。
Tさんは三年もの間心の傷が癒えなかったのですから、少しぐ
らい私たちを恨めしく思う気持ちがあっても当然だと思いま
す。でも彼はまた私たちの前に生まれ変わった姿を現してくれ
ました。そしてこんなことも言ってくれました。
「彼女との出会いによって、自分も苦しい思いをしましたし、
彼女だってそうだったと思います。でも二人の出会いを今の今
まで一度だって後悔したことはありません。一生の大切な思
い出として心の奥にしまっておきたいと思います」
私たちとしてはこんなに嬉しい言葉はありません。彼女もあ
の時同じような気持ちで、私たちに彼の今後のことを頼んで行
ったのでしょう。
陶工は何度もなんども自分の作った器を壊します。絵描きさ
んは何度もキャンパスを塗りつぶし、作家は原稿用紙を破き
ます。
私たちの身近で起こってしまったいろんなドラマも同じよう
なものかもしれません。そうやって私たちは生きていくのだ
し、何かを学んでいくのかもしれませんね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で52年、千数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ

▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ


▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

PAGE TOP