熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

俺はキムタクにはなれない、その2

小林さやかさんもですが、もっとすごい女性もいます。大平
光代さんという人です。
彼女は両親が貧しかったこともあって、中学生の時ひどいイ
ジメにあい、自殺しようとしました。そのあと暴走族の仲間
に入り、挙げ句の果てにが暴力団組長の妻となりました。
組長と離婚したあと、叔父さんと一緒に住むようになりまし
た。ある日のこと叔父さんが言いました。
「確かに、あんたが道を踏み外したのは、あんただけのせい
やないと思う。親も周囲も悪かったろう。でもな、いつまで
も立ち直ろうとしないのは、あんたのせいやで、甘えるな!」
この言葉は彼女の胸に鋭く突き刺さりました。
しばらく日が経ってから叔父さんは言いました。
「あんた、弁護士にならんか。司法試験を受けるんや」
彼女は内心でつぶやきました。
「そんなアホな夢みたいなこと言わんといて」。
それはそうです、司法試験というのは日本でも三つの指に入
る超難関と言われる資格試験なのですから。一流大学出身で
もなかなか合格できない国家試験なのに、中卒の私がなんて
そんなの無理や。しかし叔父さんは断固として主張しました。
「他のもんにできて、あんたにできんわけがない」。
なんかメチャクチャいう叔父さんやなあ、とあなたは思いま
すか?でも彼女はそんなメチャクチャにかけてみようと思い
ました。叔父さんの言葉を信じたのではなく、自分自身を信
じてみようと決心したのです。
そしてそれから七年後見事に司法試験に合格したのです。初歩
的な漢字の勉強からの出発でした。
これを例外中の例外のケースと考えるのは勝手ですが、他なら
ぬ自分自身の問題として捉えることもできるのです。
僕の若い友人は、チャランポランな十年の学問くらいなら一
年で追いつけると豪語して、実際にそれを実現しました。
つまり、それこそが他の誰でもない”俺”なんだと思うのです。
誰も信じてくれなくてもいい。自分だけが知っている無限の
可能性、それがすなわち”俺”に他ならないのです。キムタク
なんかにならなくていい、”俺”になればいいのです。
大平さんは語ります。
「標準と比べようとする周囲の目に負けてはいけない」
他人との比較で自分を捉えようとすると、本当の自分を見失
ってしまうのだと思います。そしてそんな人がどんなに多い
ことでしょう。
「自由はその字のように、「自」つまり”俺”が主になって
います。それは「自(みずか)ら」または「自(おのずか)
ら」出てくるので、他から手の出しようがありません。
自由には元来政治的な意義なんか少しもありません。天地
自然の原理そのものが、他からの何の指図もなく、制裁も
なく、自(おのずか)ら出るままの働き、これを自由とい
うのです」
(鈴木大拙「自由・空・只今」『新編 東洋的な見方』岩
波文庫1997年p.65)
そりゃまあ、おつむの方は努力すればひょっとするとどう
にかなるかもしれんけど、容姿の方はどうにもこうにもな
らん、という人もあるかもしれません。
でもですね、若い時が華と言います。”豊かな教養、こぼ
れる美貌もやがては溢れる脂肪”になり、”恋い焦がれて一
緒になったダンナも40年経てばただのジジイ”になりま
す。(ナントカキミマロさん曰く)
容姿というカタチが”俺”ではないのだと思います。そう思
い込んでる人はナントカキミマロさんの毒舌の餌食になるし
かありません。
”俺”という中身は年とともに容赦なくカタチとなって現れ
てきます。年とともに磨きがかかってくる人は見ればわかり
ます。そして以心伝心でそれは目の前の相手に伝わるもの
です。
俺はキムタクにはなれない。なれなくて結構。そんなことで
落ち込んでしまうほど愚かなことはありません。
そうではなくて、キムタクであろうが誰であろうが俺にはな
れないと思っている人は、本人が思っている以上に他人から
みたら魅力的なのです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ


▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

PAGE TOP