熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ケ・セラ・セラ・パワー♫

ケ・セラ・セラ・パワー♫
(婚活今昔物語<恋愛とお見合い>は一回お休みにします)

もう六十年も経ったでしょうか、当時のアメリカ人人気女性
歌手、ドリスデイの歌う「ケセラセラ」がヒットチャートを
風靡しました。
そのフレーズが醸す語感が、戦後の焼け野原から、死に物狂い
で立ち上がろうとしていた当時の日本人の心を惹きつけてや
まなかったのでしょう。
「なるようになるさ」
「なるようにしかならない」
Que sera,sera
What will be,will be
という歌詞が思いを代弁し、辛い日々の慰めにもなりました。
亡くなった僕の母の口癖は「この世で起きた事はこの世で収
まる。」でした。
時間こそかかったがその通りになりました。
「おまかせ、おまかせ」
も十八番でした。苦しいときに力むと、収まるものも収まら
ない。逆境から学んだ智恵、とんとん拍子の人にはたぶんそ
のフィーリングが分からない。
ラテン系が歌うと「ケセラセラ」は底抜けの楽観主義になり
ます。なるようにならなくたって、ケセラセラ・・・。
これ、ニッポン語では極楽トンボなんていいます。
日本人の場合はやっぱりクソまじめ。くさらないで努力を続
けていれば、いつか道は開ける。
教訓的ケセラセラってとこでしょうか。
でも、世紀末を思わせる今日、教訓的ケセラセラではどうも
やっぱり白々しい気がします。戦後復興期は、地平線に微か
であっても希望が見えましたが、二十一世紀はどうでしょう。
世界中で絶望死というのが増えていますし、スラムの人口も増
える一方で、現在ただいまナント二十億人、三十年には三十
億人になるかもと予測されています。
むろん婚活の現場にも大波が押し寄せています。こういう時
こそ切実に家族が欲しいのに、その後姿は遠のいていくばか
りです。離婚件数も増える一方で、多くの人たちが暖かい家族
団欒から見放されています。
だからといって極楽トンボになるには、みんな少々堅苦しす
ぎるし、常識的過ぎる。
そして・・・・・
先のことなど分からないといって、やけになったり、閉じこ
もりになったり、うつになったり、最悪、自分の命を絶った
りします。
なるようにもならなくなった今を辛うじて生きている、とい
ったところでしょうか。
でも、”歌”は理屈じゃありません、そしてこの歌は人生が理
屈じゃない事を歌っているうちに教えてくれるような気がし
ます。
歌は希望で、そうであるから歌うのじゃなくて、そうでない
にもかかわらず、そうでないからこそ歌うものではないでし
ょうか。
水野和夫さんという、僕の大好きな学者さんは、
おカネに利息がつかなくなった(金利ゼロ、利潤ゼロ社会)
二十一世紀という世の中は、お金のかわりに芸術が置き換わ
ると言っています。もっとわかりやすく言うと、モノのかわ
りにココロが財産になる世の中が来るし、そうでなければな
らないということでしょう。
ビリオネアという”物格”ではなく、何はなくとも心が豊かな
”人格”が求められる時代が来るということでしょうね。
婚活だって、半世紀前、むつみ会の初めの頃のように楽観的
ケセラセラで、未来のファミリーを語ることは難しいかもし
れません。
でもだからこそ、だとも思うのです。
しかめつらしく語れないのであれば、歌を歌い、踊ればいい。
昔から人々はそうやって、苦しい毎日を乗り越えてきたのだと
思います。

When I was just a little girl
I asked my mother
What will I be?
Will I be pretty?
Will I be rich?
Here`s she said to me.
Que sera,sera
What will be,will be
The future`s not our to me
Que sera,sera
What will be will be.

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ


▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

PAGE TOP