熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ミーちゃんの鼻くそ

「ミーちゃんねえ、S君が好きな~んだ。そいで
鼻クソつけちゃった。」
タハハ・・・そりゃよかった。
もうすぐミーちゃん三歳。魔の三歳児、
いやんいやん病に、ママがいい病。
ママのお腹のなかの夢から醒めて😿
ミーちゃんから”私”になり始めます。
いつまでもミーちゃんでいてほしい、というのは儚い
ジイジ病、バアバ病です。
ハル君はほぼ夢から醒めて、日に々々おにーちゃんっ
ぽくなっていきます。来春はランドセルしょって・・😿
ハル君がミーちゃんくらいだったころ、
朝夕に片道三キロを抱っこして保育園に送り迎えしたの
まるで昨日のよう。
なぜかハル君が乗っかってるはずのベビーカーには、
クマさんのぬいぐるみが乗っかって、バアバがせっせ
と押していきました。
ハル君が言いました。
「ジイジ頑張ってね、ほら保育園がみえてきたよ」。
そこには保育園の赤い屋根の尖塔が朝日に輝いていました。
人生はふりかえれば夢のようだといいますが、ホント。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP