熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

花を愛する人は、、、

庭に咲いている綺麗な花を眺めながら、今は亡き母がぽつり
と語ったむかしの話。
といっても私の幼い頃のことです。その頃長崎の父の山裾
に広がる生家に家族四人で住んでいました。
お家の裏手にはほど高い山林があって季節々々を彩り、
庭では小川のせせらぎが聞こえてきました。
ある日、山の向こうからお魚をいっぱい積んだ両天秤のカ
ゴを担いだ行商のおばあさんが通りかかました。
一面に咲き誇っている花畑を見て、足を止めて言いました。
「きれいな花ばい」。
まだ若かった母はなんだか嬉しくなって、花を手折ると
「少しですが、、、」とおばあさんに渡しました。
するとおばあさんがニコニコしながら一言、
「花を愛する人は麗人なり」。
その言葉がなぜかずっと母の心の中に残っていたそうな
のです。実を言うと、そのお花畑を植え育てたのは、
母ではなく父だったんですが、、、。
その母は昨年の春先になくなり、残された父ももういくば
くもないという。
そして何もできない、何もしてあげられない私がいる。
季節が、時間だけが通り過ぎてゆく。
老いた父は「しようがない」が口癖になりました。
でも年々歳々、花は、摘んでも枯れても、お日様と雨水
の恵みによって、あの頃のように咲き誇り、これからだ
って続けるでのしょうねえ。
かくいう私だって、二人の孫に囲まれたれっきとしたお
ばあちゃんになりました。
”うつし世は夢、夜の夢こそまこと”なんて言葉も身にし
みるようになりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP