熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

小さいおうちの大きな物語

大きい舞台でなければ、大きい物語は描けない
と思っているなら大きな間違いだ。
デビット・リーン監督が壮大な叙事詩なら、
山田洋次監督は小さいおうちの大きな抒情詩。
中島京子の円熟した(直木賞受賞)原作に出会
ったとき、きっと山田洋次監督は驚喜しただろ
うな。ホームドラマの最高傑作だもの。
言葉は信用できなくても、自分の五感は信じら
れる。きめ細かな日常があるからこそ、丁寧に
描かれたホームドラマから香り高い花が咲く。
山形から女中奉公にきた、ほっぺの真っ赤な乙
女タキ(黒木華がよかったなあ)が暮らした、
モダンな赤い屋根の下での、小さいおうちの小
さな出来事の数々。
時代は、二二六に満州事変からシナ事変、そして
日米開戦・・・緊張が高まっていく。
そんな日々のなかで起きる、奥様(松たか子)と
板倉正治という画家志望の青年の秘事。そんな
人物たちの心模様がタキの心の中で大きな大きな
物語に発展してゆく。
人はみんなそんな自分だけの物語を持っている。
そしてそれを大きな物語に綴ってゆく人とそうで
ない人がいる。それがきっと人がこの世を生きて
死んでゆくということなのだろう。
そういや、作中で言ったの誰だったっけ?
「始まったことは、必ず終わる」。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP