熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

貧しくてなぜかハッピーな変な家族

我が家はパパ、ママ&ジイジ、バアバ&六歳のハル君
と三歳のミーちゃんの大家族。
賑やかなといえばそれはもう文句のつけようもない。
ご近所にはご迷惑かもしれませんが、隣家のKさんの
七十代のご夫婦や、一人住まいの八十代のSさんのお
婆ちゃんには、孫ができたみたいなどと言われて、
とても可愛がられています。
ハル君とミーちゃんには何人ジイバアがいることやら
片手の指ではとても追いつきません。

我が家は一世代前、パパたちがハル君やミーちゃんの
年頃だった頃から、なぜだか大家族です。多い時は
八人もいました。
別に大家族が大好きというわけではないのですが、
いつの間にかそういう風になっているのです。
それに我が家は昔からナントナク放任で、細かいこと
を言わないのを良いことにして、子供達は散らかし放
題、ワンパクのやりたい放題で、前の住み家なんか襖
が骨までなくなって、カーテンを垂らしていました。
カーテンだと襖を開かなくて済むようです、まあ、あ
たりまえの話ですが、慣れないお客なんか、
たった今目の前にいた我が息子どもが突然姿を眩ます
ものですから、目を白黒されていましたっけ。

おかげさまで、じゃなかった、そんな親のいい加減な
薫陶のせいで、未だに野生が消えない三十代男子とな
りました、え〜と、二人ともです。
そしてそのゴリラのような男の子がなぜか、滅多にな
いような麗しき伴侶に恵まれたことは、これはやっぱ
り現代の奇跡というべきなのかも。
そうそう、それにビンボーというオマケがついている
にもかかわらず、です。
別にビンボーが好きなわけではありませんが、
ビンボーの方が僕たちをなぜか大好きみたいなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP