熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

驢馬が大好き

フランシス・ジャムが好きだった。
フランシス・ジャムは驢馬が大好きだった。
なぜかって・・・・・
驢馬はおバカな詩人だから。
僕がフランシス・ジャムに出会った昭和40年代、
日本はまさに高度経済成長のまっただ中でした。
街のあちらこちらにビルが林立し、
その谷間を無数の車が奔流のように走り、
冷房のきいた、総ガラス張りの自動ドアの洒落た
喫茶店も沢山できました。
カラーTVが多くの家庭の居間に鎮座し、
70ミリの映画の大劇場ができました。
活気にあふれ、未来が光り輝いているようでした。
でも豊かさと引き換えにおバカな詩人も
いなくなりました。
柊のいけがきに沿って歩いてゆく
優しいロバがいなくなりました。
貧しい人を乗せる、思案顔の、ビロードの眼差しの
くたびれて、打ちひしがれた
優しいロバがどこにもいなくなりました
野山や川や海は荒れ果て、
ふるさとはもう追憶の中にだけしか
存在しなくなりました。
豊かさの中で未来は段々光を失っていきました。
フランシス・ジャムが好きでした。
フランシス・ジャムは驢馬が大好きでした。
なぜかって・・・・・
驢馬はおバカな詩人だったからです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP