熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ホンモノのシンデレラ

フランス人冒険家が極北を旅して、イヌイットの家族に
一宿一飯にあずかった。
夜長の徒然に、彼は故国で流行のシンデレラ物語を語っ
て聞かせた。
それを聞いたイヌイットのお父さんとお母さんは
ビックリ。
まさか、かの国ではこんな話を子どもたちに聞かせてい
るのだろうかって。

僕たちが知っているシンデレラはパクリである。
元ネタは神話の世界の地球的ベストセラーである。
同工異曲で世界中で語り継がれてきた。
それを近代の黎明期に、フランス宮廷で皇太子用に編
纂され、さらに後年、デイズニーがアニメ制作の為に
書き下ろし、現在のシンデレラ物語が出来上がった。

不遇な少女が、女性たちの憧れの男性と結ばれるとい
うハッピーエンドは変わらない。
だがこのデイズニーモデルはイヌイットたちにとって堪
え難いものだった。
第一に、王子という”虚名”に群がる若い女性像という
    設定。
第二に、それはオシャレを競うファッションショーで
    しかなかった。
第三に、王子が選ぶのが最も美しいドレス姿のシンデレ
    ラであったこと。
見た目ばかりで、人間としてのかけがえのないものが
そこでは全く顧みれらていない。それがイヌイットの眼
には、許されない人間冒瀆と映った。
フランス人の青い双眸は透き通るように美しいが、節穴
そのものじゃないか。
フランス人だけの話じゃなくなった。
日本でもそうですねえ。あなたはいかが?
あなたの眼は節穴?それとも・・・?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP