熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

振り子

「どん底が、私に自由をあたえ、私に自分自身をめざめ
させ、本質という基盤の上に立たせた」
そうj.Kローリングズは述懐している。
そしてこどもたちをわくわくさせる物語を創った。

振り子は左右にぶれては真ん中に還る。
右端は栄華で、左端はどん底かもしれない。
では真ん中はなんなんだろう。
「点」だ、限りなく小さなね。
でもそこには限りなく大きな力が働いている。
自然という力。
結局のところ、目の眩むような栄耀栄華も、真っ暗け
のどん底暮らしも、その点がつくりだした世界だ。
地球上に七十八億人の人間がいて、毎日々々笑ったり
泣いたりしているわけだが、そこにも限りなく大きな
「点」という力があるに違いない。
それは具体的にいえば何かというと、
私とかあなたではないかと思ったりする。
七十八億分の一という限りなく小さな「点」なのだが
同時に限りなく大きな「点」かもしれないのだ。

『(南方)熊楠は、顕微鏡から粘菌という微小生物を覗
くことで(直入し)、そこに極大の宇宙を見ていました。
小即大、一即多。溶け広がる自我と溢れる恍惚感。
大宇宙の大宇宙の大宇宙を超えて……
根源的な場へ向かう熊楠パンセの箴言・・・』
                   (唐澤太輔)

私の人生もあなたの人生もぶれ続けて休む暇もない
振り子なのかもしれない。
でもいつかは真ん中にかえってゆく振り子でもあるの
かも。
踊り子は爪先立ちで踊るが、振り子は大きなチカラに
ひたすら身をまかせて踊る。先住民の炎の踊りの
ように、、、。
だから胸を張って歩けばいい、今がどんなだろうと。
七十八億人のうちの一人であることにプライドを持て
ばいい、誰がなんと言おうと思おうと。
それがかけがえのないプライドになった時、世界は
いつの間にかあなたを中心にしてきっと回っているに
違いない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP