熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

いっちにのラーメン

以前次男とケイカラーメンに行ったとき
「ラーメンはケイカに始まり、ケイカに帰る」なるケイク
(警句)を次男が吐いた。
同感ではあるが、僕の長いラーメン遍歴からすれば、
「日本の戦後食はラーメンに始まりラーメンに帰る」
ということになる。
始めて塩鮭を食べたとき、世の中にこんなうまいものが
あるものかと、幼くして貧しかった田中角栄は感動した
そうだ。
人臣位をきわめても、一番の好物は塩鮭だったそうな。
庶民宰相を象徴する格好のエピソードとなった。
しかしお付きの板場は楽だったろうな。
「今日の夕餉は塩鮭がいいな」
「あいよ、大将、待たしやしやせん」

僕が初めてラーメンなるものと邂逅したのは忘れもしな
い小学校二年の、ある冬の夜のことである。
父と親戚宅をたずねた帰途、うすあかいランプに照らさ
れた屋台があった。凍てつく闇の中に、白い湯気をたて
てひっそりと佇んでいた。
「シゲハル、ラーメンでも食べるか?」
父が言った。
「ラーメン・・・?」
僕は小首をかしげた。
外食の習慣など皆無だった昭和三十年代初めのことだ。
だからして、父のその一言は小学2年生の僕を天にも
思いにさせた。
しかしである初耳だったのだ。
ラーメンとはいかなる食べ物であるのか?
見当も付かない。
しかし熱い丼から豚骨スープを、麺をすすったとき、
幼い田中角栄と同じような、いや多分その十倍くらいの
衝撃に撃たれ、至福に浸ったのだった。

その日以来、どんなご馳走を食べても、たとえばお寿司
くるくる回らないヤツ)、どでんとした伊勢えびのフライ、
血が滴るような分厚いステーキなどなど、何を食しても
ラーメンには遠く及ばなかったのだ。
そして今ラーメン全盛時代が到来し、日本列島どころか
世界中を席巻しようとしている。
死ぬ前に何が欲しいかと問われれば迷いなく、
僕はラーメンと答える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP