熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

野の百合を見よ

初夏のそよかぜに揺れている白い百合の花が好きだ。
すらっとのびたピンクの花びらもいいかなあ。
「、、、歩く姿は百合の花」なんて、きれいな女の人
にたとえられる。
とりわけ野分の後に健気に咲いている姿はこの世のも
のとも思えない。

小倉の大門にあった70m用の大劇場。
映画「野のユリ」を、その隣りにある小劇場で観たのは
確か中学二年のときだった。
低予算の代表的作品として時々名前があげられるが、
紛れもない佳作である。
だって五十年以上経った今も忘れがたいんだから。
レンタルを探すがみつからない。
もういちど観たい・・・。
この小品を驚いたことに、妻も若い頃観たらしい。
奇縁である。

ストーリーは至ってシンプル。
なぜかアリゾナの土地を相続した、東独の修道院から派
遣された五人の尼僧が砂漠の真ん中に教会を建てるとい
うお話である。
そこに偶然通りかかった黒人青年ホーマー・スミス
(演じるのはシドニー・ポワティエ、この映画が出世作
で、しかも黒人初のオスカーを受賞)がその騒ぎに強引に
巻き込まれてゆく。
タダ働きどころか、食事も質素を通り越している。
目玉焼き一枚とか、たったの一口、時間にすれば一秒。
涙が出てきそう。
不信心な青年ホーマーが珍しく神様に、殊勝にも手を合わ
せてお祈りをする。お祈りの言葉は、、、
「お肉下さい、プリーズ」
大笑い。ユーモアだけでなく、ほのぼのとした暖かさが全
編に溢れている。

最初はいやいやながらだったホーマーだったが、心が通じ
合うようになるにつれのめりこんでゆく。
面白いのは厳格なはずだったマザーマリアの口から出る
暴露話だ。
酒飲みで出世のことしか脳裏にない神父のことととか、
神様に向かってお祈りするばかりで、周りの人たちには厳
しいだけというマザー自身のこととか・・・。
堅苦しいミッション秘話ではなく、俗っぽい人間たちの物
語であり、彼らの人間としての成長の物語であり、
そんな人間たちをあたたかく見守り、どこかからそんな彼
女彼らを賛美する歌声が聞こえてきそうな映画。

そんな物語を彩っているのがゴスペルソング「エーメン」
である。ただひたすら「エーメン」のリフレインであるが、
ワクワクするようなイエスキリスト復活の賛美歌と
なっている。
クソまじめな尼僧たちが敬虔にアーメンととなえていたの
をホーマーが軽快なゴスペルに変えてしまう。
最初はぎこちなかった若い尼僧たちが、ホーマーと一緒に
身体をフリフリ、弾けるような笑顔で、リズムにのって
Amenを繰り返す。
最後にはあの笑顔を知らないマザーまで・・・。

野のユリという題名は新約聖書マタイ伝からとってある。
福音のなかでも僕もとりわけ好きな一節である。
「またなぜ着物のことで思いわずらうのか。
野の花がどうして育っているか考えてみるがよい。
働きもせず紡ぎもしない。
しかしあなたがたにいうが、栄華をきわめたときのソロモ
ン王でさえこの花の一つほどにも着飾っていなかった」
僕は別にクリスチャンではないがことあるごとに思い出す
言葉だ。七十一年の人生でそんな人と何人か巡り会えた。
僕もその一人になって生涯を終えること出来たらなんて
思っている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP