熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

美しく老いる Age with grace

なにか秘密があるはずだが・・・
そう思っている矢先、つい見逃してしまいそうな、
一言に目が止まった。
「日ごろの生き方が、
   そのまま作品に出るものなんだ」
金塊のようにズシリと重い。
それは彼のような特殊な職業にとどまらない。
ありとあらゆる職種にあてはまる。
いや、あてはまるべきだ。
さて、問題を少々つきつめてみると、
つまりこういうことだ。
彼のそんな、日常と非日常をつなぐ回路を
ファンのひとりひとりが共有できたからでなく、
身につまされたから、というにすぎない。
ぼくたちは彼のように生き、表現することができな
かった、またはしようともしなかった。
「幸福の・・・」をはじめ、山田洋次の作品に常に出
演している女優がいる。いわずとしれた倍賞智恵子だ。
「下町の太陽」でデビュー、日活の吉永小百合
と人気を二分した”永遠のアイドル”
隅田川の土手を歩きながら歌った,主題歌の
あの青空のように澄み切った歌声を思い出す。
最近彼女の新作DVDをよく観る。
そしてそのつど胸が一杯になる。
作品自体にではなく、77歳の元超アイドルが、思いっ
きりスッピンで出演している、
手の甲のシミ痕さえアップで映す。
「うつくしく齢を重ねる〜aging with grace]」
肉体に浮き出た年輪は、そのままこころの年輪に他なら
ない。皺のひと筋ひと筋が、語りかけてくる陰翳にみち
ている。
高倉健というひとりの男性にも、同じ情景が見える。
思えば、当たり前のことを当たり前に生きた、
というにすぎないのだが。
ぼくの70年をふりかえれば、つくづく身もふたもない。
それは70年という「現実」を生きてきただけだった。
「真実」を生きることを知らないまま、ぼくはきっと老
いてゆくのだろう、そのことに抗いながら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP