熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

世界一の美女に異議あり

ミスユニバースは日本人,タイ人、ホンジュラス人、
シリア人、ウガンダ人、ルクセンブルク人等々・・・
ありとあらゆる人種、民族、地域を超越した美女が存
在することを前提としている。
しかしそんな前提など誰が考えても妄想でしかないし、
タチの悪い冗談だ。
人種民族の数だけ美女がいて、文化の文明の、歴史の
伝統の、島の村の数だけ、恋歌の数だけ、地球は美女が
勢揃いの一大ハッピーランドでどうしていかんのかいな?
そのことにインネンやケチをつけようと、勝手な品定め
を押しつけようと、要するに余計なお世話というやつだ。
なぜそこに序列を持ち込まねばならないのか?
なぜそれは一つでなければならないのか?
序列は、一握りの人間の優越性を、
一つにこだわるのは、その優越性が絶対であることを
示したいからだ。
つまりその絶対的優越の下に絶対的多数の人を膝まづか
せたい、まあ、そういったところかなあ。
それでは、ミスユニバースは何のためにあるのか?
ミスユニバースというねつ造された美の偶像の下に世界
中の女性を”総ブス化”してしまうためにあるのだ、
といって、今こそ私ははばからない。
ついでに言わせてもらうと、本年とって六十一歳の僕の
妻は、誰がなんと言おうと絶世の美女である。
そのことに文句をつけられる筋合いはない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP