熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

思い出のグリーングラス

  汽車から降りたら 小さな駅で
  迎えてくれる パパとママ
  手を振りながら 呼ぶのは
  ・・・・・・・・
  ・・・・・・・・
  笑顔で誰もが 迎えてくれるの
  思い出の グリーングリーン
  グラス オブ ホーム
   ・・・思い出のグリーングラス
        (山上路夫、訳詞)
うたいだすととまらなくなる歌がある。
自分の部屋で・・・ひとりぼっちで・・・
別の日はエンジンをバックサウンドにして。
このうたはある女性死刑囚が、刑の執行を前にして
つくったものだという。
ひとたちがすべてを失ったとき、帰るところはたった
ひとつしかない。
この世の全部は、結局のところ、家族に収斂し
そこから、この世の全部にむかって拡散する。
どのようなわけありだろうと、そんなあなたの後姿が
愛おしくてたまらない
・・・のは一体なぜなのだろう。
こたえはあなたのこころの風景の中にある
グリーングリーン グラス オブ ホーム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP