熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

ホッホッホタルこい・その2

土曜日に、みんな(三歳から七十歳の差し引き六十七年の
総勢六人)で江津湖にホタルをみに行った。
三年前は、パアパが専門学校の講師もするようになって、
その勉強会があったし、三歳のミーちゃんも生まれていな
かった。
わが家から歩いて十五分という絶好の立地である。今年
だコロナ自粛で花火大会も中止になった。
花火大会といえば思い出がある。子どもら(パパとパパの
お兄チャン、今は福島で家庭を持ってる)が幼いとき、
(中央区の新屋敷に自宅と事務所があった)
僕が付き添っていったのはいいが、なんせ人出が半端じ
ゃない。
帰宅するのにエライ眼にあって以来、二度と近寄らない。
今回はなんと打ち上げ会場まで徒歩十分、日ごろの遊び場
ゾーンである。
``
その点ホタル鑑賞は風雅なもんだ。この辺は水前寺公園か
らの湧水地域だからいいが、もうその数百M先になると、
汚染されている。
ホタルが好きな、あま~い水はない。
虫類は、ゴキブリは別格(だから好き)として汚染に敏感。
それでホタルが希少価値となる。
あの仄かなあかりもあわれだが、翌朝は屍骸と果てる事は
誰も知らぬ。あの点滅は夢か現か・・・・・・?
ややするとその絶え入りそうな一つの灯りが、ゆれながら
僕たち4人連れのほうに寄り添ってきて、なんとミーちゃ
んをダッコしているマンマの手のひらにとまった。
マンマがハル君の手のひらに移そうとすると、滑り落ちた
が、みるとちゃんとスカートにとまっている。
手を伸ばすと待っていたかのように指に乗り、
ハル君のちっこいてのひらに来臨された。ハル君はみつめ、
ホタルは憩っているかのようにとどまり、
おとなたち三人は暗闇の中で、その淡い交感の姿をながめて、
なにやらしあわせな気分になった。
``
花火もホタルも日本人は大好きだ。四季があって、彩り豊
かで、平和な歴史を持つ民族の感性はとても豊かで繊細。
だから、栄枯盛衰にも敏感で、敗者のために涙を流し、弱
きものの味方であり、この世の儚さに過敏だ。
花火やホタルを好むのは、その儚さに惹かれるからか。
しかし花火は一発十万円が数秒で灰塵と化すが、
ホタルなんてもちろんタダ。風流は本来無欲なんだ。
花火の打ち上げ費用におけるカネの儚さは税金の無駄とも
いえるが、誰も知らない、いわない。
その昔、ホタルはその淡いあかりで勉強するほどあったが、
逆に少し田舎に行くと電気がなかった。
今は二十四時間電気だらけで、暗闇を知らないし、
ホタルもいなくなった。深夜の灯りは自己主張だが、
暗闇の中のホタルはポエムだ。時代の流れ・・・。
そうそう、あの時カエルがないてたな。近いうちにハル君と
ミーちゃん一緒に見っけに行こう。
                    (おわり)

土曜日に、みんな(三歳から七十歳の差し引き六十七年の
総勢六人)で江津湖にホタルをみに行った。
三年前は、パアパが専門学校の講師もするようになって、
その勉強会があったし、三歳のミーちゃんも生まれていな
かった。
わが家から歩いて十五分という絶好の立地である。今年
だコロナ自粛で花火大会も中止になった。
花火大会といえば思い出がある。子どもら(パパとパパの
お兄チャン、今は福島で家庭を持ってる)が幼いとき、
(中央区の新屋敷に自宅と事務所があった)
僕が付き添っていったのはいいが、なんせ人出が半端じ
ゃない。
帰宅するのにエライ眼にあって以来、二度と近寄らない。
今回はなんと打ち上げ会場まで徒歩十分、日ごろの遊び場
ゾーンである。
``
その点ホタル鑑賞は風雅なもんだ。この辺は水前寺公園か
らの湧水地域だからいいが、もうその数百M先になると、
汚染されている。
ホタルが好きな、あま~い水はない。
虫類は、ゴキブリは別格(だから好き)として汚染に敏感。
それでホタルが希少価値となる。
あの仄かなあかりもあわれだが、翌朝は屍骸と果てる事は
誰も知らぬ。あの点滅は夢か現か・・・・・・?
ややするとその絶え入りそうな一つの灯りが、ゆれながら
僕たち4人連れのほうに寄り添ってきて、なんとミーちゃ
んをダッコしているマンマの手のひらにとまった。
マンマがハル君の手のひらに移そうとすると、滑り落ちた
が、みるとちゃんとスカートにとまっている。
手を伸ばすと待っていたかのように指に乗り、
ハル君のちっこいてのひらに来臨された。ハル君はみつめ、
ホタルは憩っているかのようにとどまり、
おとなたち三人は暗闇の中で、その淡い交感の姿をながめて、
なにやらしあわせな気分になった。
``
花火もホタルも日本人は大好きだ。四季があって、彩り豊
かで、平和な歴史を持つ民族の感性はとても豊かで繊細。
だから、栄枯盛衰にも敏感で、敗者のために涙を流し、弱
きものの味方であり、この世の儚さに過敏だ。
花火やホタルを好むのは、その儚さに惹かれるからか。
しかし花火は一発十万円が数秒で灰塵と化すが、
ホタルなんてもちろんタダ。風流は本来無欲なんだ。
花火の打ち上げ費用におけるカネの儚さは税金の無駄とも
いえるが、誰も知らない、いわない。
その昔、ホタルはその淡いあかりで勉強するほどあったが、
逆に少し田舎に行くと電気がなかった。
今は二十四時間電気だらけで、暗闇を知らないし、
ホタルもいなくなった。深夜の灯りは自己主張だが、
暗闇の中のホタルはポエムだ。時代の流れ・・・。
そうそう、あの時カエルがないてたな。近いうちにハル君と
ミーちゃん一緒に見っけに行こう。
                    (おわり)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP