熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

冬の花火

ドーン、ドーンと夜の寒空に遠雷のような音が聞こえてくる。
「何だろう・・・?」というと、
妻が「花火かも」と応えた。
「まさか・・・冬だよ。」
三階のバルコニーに上がると、そのまさかだった。
凍てつく星空に、閃く先から闇に消えてゆく冬の花火は、
まるで夢か幻のようだった。
``
そういえば最近よく見る夢がある。色つきの映像のように、
夢にしては妙にリアルで、さめた後も残影がある。
まだ若い僕はなぜか工員(それも多分小さな工場の)で、
仕事を終え、家路を急いでいる。
小脇に空になったアルマイトの弁当箱を抱えている。
夕焼けに染まった空の下に、下町の家並みがひろがり、
そのむこうに二階建てのオンボロアパートが垣間見える。
``
吹く風は冷たいが、胸中はほっこりとあたたかい。
給料日だったのかもしれないが、僕ははっきりと知って
いるのだ。
あのアパートの二階の一室で、大きなお腹を抱えた妻が、
フン、フンと鼻歌をうたいながら、夕食の支度をしてい
るのを。
部屋のドアがひらいて、姿を現した妻が、僕を見つけて手
を振らないかな、僕は両手を一杯にひろげて返すのに、
と思ってふと気づく。
そうだ、僕からアパートは判っても、
アパートから僕は判らない。
``
不思議な事に歩いても歩いても、アパートは彼方に佇んだ
ままで、身重の妻はフン、フンと鼻歌をうたっていて、
僕の心はほっこりで、空はずっと夕焼けのまんまだった。
あの夢はほんの一瞬の出来事だったろうか。
永遠に続く物語だったような気だってするのだ。
それにしても、さんざ貧しい子ども時代だったのに、
どうして夢の中までオンボロアパートが出てくる?
そんなの簡単だ。
幸せだったからだ、ほかに何がある。
貧しいから不幸せだなんて決め付けるのは、
心がうんと貧しい証だ。
貧しいから、家族が肩を寄せ合って生きてきた。
苦しい事があれば皆で分け合った。
苦しいことも分かちあえば、こころがぬくもりで満たさ
れることを貧しさが教えてくれた。
``
気が付くと、花火の音が途絶えていた。
身体が冷え切っている。傍らを見ると妻がいた。
「寒いね、中に入ろうか」
二人の息子は、あの頃の僕たちと同じ年代だ。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ

▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP