熊本の結婚相談所むつみ会のブログ

釣れないと思って釣り糸を垂れる人

「釣れないと思って釣り糸を垂れる人なんか一人もい
ませんよ。みんな釣れると思うから喜んで釣りをする
んです。
つまりここだってそういうことなんでしょう?」
、、
とおっしゃって、Kさんはむつみ会に入会されたのでした。
彼はナンカの学者さんで、ロッキー山脈の麓の米国の大
学で教鞭をとっていたとのこと(れっきとした日本人で
すが)。
趣味は、あの豪快なサーモンの渓流釣り。釣りマニアは
なんでも釣りにたとえて説明するのが好きなんですね。
、、
それにしても分かりやすいったらない。
これは何にでも応用される喩え。そう思いませんか?
サーモンをチャンスとか未来とか、あるいは可能性とか
に言い換えてみてもいい。
外部の世の中だけでなく自分の内側の心の世界と考えて
もよい。
、、
そう思って周りを見回すと、ハナから釣りなんぞ眼中に
ない人、またはちょっと釣り糸を垂れてみてアタリがな
いと、釣れないもんだと決めてかかってしまう人の、
なんと多いことか。
非婚とか結婚難とか無縁とかいうのは社会とか時代のせ
いというのは確かにあります。
だからと言って、
それでも諸君!あえてポジテイブたるべしとか、
そんな教科書に書いてあるような教訓めいたことをいうつ
もりはありません。
、、
作家金原ひとみさんの眼に移住先の仏で映った日本の前向
き思考はどう映ったか?高度経済成長時代の残滓でした。
そこで彼女には前向き思考が呪いのように見えたらしい。
”真っ直ぐで、ひたむきで、常識的(多数決的)で、
ヘルシー”
であることがよしとされる。ちょっとね単純すぎ。
、、
要するに、そんなことじゃないのです。
大体「釣り糸を垂れる」というのはポジともネガとも関係
のない行為です。
と言うより終日山間で無言で釣り棹を手にしている静かな
佇まいは、どちらかといえばネガっぽい。
慌てず騒がずじっとその日を待った、あの大公望さんさえ
想起させます。
、、
釣り糸を垂れる行為をやめるというのは、
毎日、本は開いているのに、一向にページをめくらない、
ということなのでは??
婚活についていえば、私たちのようなところにいくのも
一つの方法ですが、他にも沢山あるはずです。
趣味とかボランテイアのグループとか、他にも日常生活
のなかで出会ったひとに気軽に挨拶をかわすとか、
考えればキリがないほどです。
その人たちもそれを待っているかもしれないのです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
熊本で婚活なら結婚相談所むつみ会へ!
熊本で46年、数百組の夫婦が生まれました。

むつみ会では、お客様一人ひとりに最高のお相手を見つけて頂けるよう
相談員歴20年以上のベテラン相談員がゆっくりしっかり相談にのります。
ぜひお気軽にご連絡ください!

住所:熊本市東区新生1丁目28-2
定休日:月曜日
営業時間:12:00〜20:00(メールでのお問い合わせは24時間受け付けております)

電話でのお問い合わせはコチラ!
TEL.096-365-3778
(ご本人様、代理の方でも、まずはお気軽に電話でご相談下さ

▶料金一覧と入会のご案内はこちら
▶メールフォームからのお問合せはこちら
▶よくある質問はこちら

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP